私たちが出来ることから積極的にSDGsに取り組みます

SDGs.jpg

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます(外務省HPより)

sdg_icon_08_ja.png
sdg_icon_12_ja.png
sdg_icon_15_ja.png

グラブアグリの「国産果実の半生ドライフルーツ」の生産工程では、主に大きなロットのオリジナル商品パッケージのラベル貼付の工程を障害者施設の方々に担っていただいております。

(SDGs目標8 働きがいも経済成長も)

​また、「少し傷がある」であったり「サイズが規格より小さい(大きい)」などの理由で店頭にそのまま並ぶことがない果実を積極的に採用して「フードロス」を解消するべく取り組んでいます。

(SDGs目標12 つくる責任つかう責任 目標15 陸の豊かさも守ろう)